生後7ヶ月の赤ちゃんと日光鬼怒川温泉で泊まった旅館「七重八重」が超良かったです!


さあ、行きの電車日光江戸村を楽しんだあとは、宿に到着です!!

今回のお宿は、「静寂とまごころの宿 七重八重」さんです。
ここ、とっても良かったです!
赤ちゃんいると、宿ってけっこう悩みますよね。

スポンサーリンク
  

ちょっと例をあげるだけでも、
(*゚ー゚)<ベッドより布団がいいなー。
そして部屋にお風呂がほしいなー。
できれば貸切風呂がいいなー。
そこにベビーベッドが置いてあれば言うことなし。
壁は厚い方が良いなぁ。
赤ちゃん用のいすもあるといいよね。
できれば部屋食がいいけども、まぁそういうところはお高いですから、あんまりごみごみしてない食堂だとありがたい。
まだ椅子に座れないうちは、ベビーカーごと入っていいとありがたいな。
布団と食事のない乳幼児の宿泊費は無料であればいうことないんだけれども~。

などなど、私の欲望は際限なくあふれます。

そしてこの、七重八重さんがどうだったかというと・・・!

部屋はこんなかんじ。
きれい!!
なんというか、きちんとしていて明るい雰囲気!!

奥にお風呂もあります。トイレとバスは別々なのも良いね!
貸切風呂もあるのはチェック済み~!

夫よ、まずはお風呂に行きませう!
ということで息子を小脇に抱えいそいそと温泉に向かう私と夫。

お風呂場の手前に、鬼怒川の水が飲めるコーナーがあったからもちろん試してみました。
うぅむ、水がやわらかい!!
とてもくちあたりの優しい水で、美味しかったような気がします!

ちなみに、このコーナーにはいくつもの旅情報の雑誌が。。。
その中の一冊に、高千穂峡について書かれているものがありました。
いやぁ、本物のライターさんは違うね!
語彙力あるね!
目を閉じれば億千の星のような情景が浮かんでくるね!!

まじ神々!とか書いてる場合じゃないぜ、まじまじ!(ノ∀゚*)
(まじ神々!と書いた記事「高千穂峡に生後6ヶ月の赤ちゃんと旅行した体験談」
エメラルドグリーンとか書かれてて、なるほど、今度使ってみようと思いました。

ではさっそく。
窓から見える鬼怒川がエメラルドグリーンに輝き・・・
なんて書いてみたけど、実際は大雨の影響で、昨日からダムの放流はじまっててコーヒー牛乳の色だったよ♡

さて、気を取り直してお風呂に入ると、ベビーベッドもありました。

スポンサーリンク

他にお客さんもいなかったので、息子も一緒に温泉に入ることに♪
他に人がいれば貸切風呂にする予定だったけど、まだ夕方になる前だから人がいなくて良かった~!

温泉にちゃぽん、とつかると、やっぱり水がやわらかい!
とてもなめらかで気持ちの良い泉質でした。

露天風呂も眺めも良くて最高~!(*゚∀゚*)
コーヒー牛乳色の鬼怒川がよく見えました。
息子を夫にあずけて後でのんびりはいろうと心に誓いました。

さてさて、気になる夜ご飯は・・・まずはこんな感じ。

これね、蓋をあけると、一つは和牛のしゃぶしゃぶが入っていて、もう一つは和牛のステーキが入ってるんですよ。
ふふふふ、今思い出してもにやけがとまらない味でした♡

ステーキは記事の上の写真で、こちらはしゃぶしゃぶ!

あとから出てきたため、写真には入ってないメニューもいくつもあります。

美味しすぎていくらでも食べられちゃう~!!(ノ∀`*)

また、今日はお祝いだということを予め伝えておいたため、ケーキや盃酒なども頂いちゃいました。
女将もご挨拶に来てくれて、とても楽しいひとときでした。

う~~~~ん、和牛おいしぃ~~~!しあわせ~~~~!
(注:私は肉食系女子です)・・・・女子・・・だとっ?!( ゚д゚ )

部屋食ではないけれども、個室で用意してくださいました。
また、赤ちゃん用の椅子も用意してくださいました。

対応も本当に丁寧で、細かいことも気を配ってくださり、嬉しかったなぁ。

そして夜はお風呂に入り直して、あっという間に爆睡。

そして朝は早めに起きてお風呂!
そのあとは朝ごはん!

・・・なんか、ごはんのことばっかりですみません・・・てへぺろ(*ノ∀`*)

ところで、朝食をバイキングにしてない宿って、なにか自信を感じられません?
量より質!みたいな。
まぁ私は食べますけど。

これに、鮎の塩焼きやきのこ味噌やごはん、お味噌汁がついてきます。

鮎の塩焼きが美味しくて、ごはんおかわりしちゃいました。
また、お味噌汁もおかわりできるということで、お味噌汁もおかわりしちゃいました。

いやぁ、授乳中っておなかすくよね?
おかわりくらいぺろりんちょだよね??
え?私だけ???∑(*゚Д゚ノ)ノ

気合を入れ直してスクワットでもやるか・・・いつか・・・・

さぁ、ごはんを食べたら、女将さんにお見送りをされつつ、華厳の滝と東照宮です~!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーリンク